top of page
  • 執筆者の写真Football

「J-villageの歩み」

「J-villageの歩み」

昨日、J-villageの方に震災講話をしていただきました。 2011年の東日本大震災で被災し、原子力発電所から20km地点に位置していたことから震災の収束拠点となり、営業停止になったこの施設がオリンピック招致により復旧が決定するまでの長く、険しかった道のりを話していただきました。 当時この場所で何が起こったのか、震災には「常に備えておく」ことが大切であるということを教えていただきました。 私達も、この震災から学んだこと、教訓になった事を未来を引き継いでいきたいと思います。

「神の宿るピッチでアメリカンフットボールを出来ていることを誇らしく思います。 Jビレッジにはアスリートの育成に必要なものが全て揃っています。私たちもこの練習したことを糧に日本一を掴みとります。」

4年SA 渡邉祥太









閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


​各クラブ記事
アーカイブ
bottom of page