top of page
  • 執筆者の写真Football

関西大学戦 ゲームキャプテンより

更新日:2023年6月16日

関西大学戦を迎えるにあたって、ゲームキャプテンを務める4年WR 白井圭と4年DB 長島佑作に「ゲームキャプテンとしての意気込み」「ラストシーズンを迎えて」の2つをインタビューしました。


『To Win』

春シーズンは秋のための準備としているが、やはり勝負事な以上、勝つということにも大きな意味がある。去年は甲子園ボウルを目指しすぎて、目の前の相手に勝つという意識が薄れていたため早稲田に敗れてしまった。勝つために守りにはいるのではなく、勝つためにこそ攻めて勝ち切ることをテーマにしたい。


ゲームキャプテンとしての意気込み

-白井-

高校3年生以来のキャプテンということでとても嬉しいです。

今年のテーマである「challenge」を体現し練習試合関係なく勝ちに拘りたいと思います。

辛い時こそ周りへの声掛けや、笑顔を大切にしチーム全員で勝ちに行きます。

応援よろしくお願いします!


-長島-

関西大学のゲームキャプテンを務めるにあたって、プレーでチームメイトを引っ張る選手を目指します。常にビックプレーを狙い続け、試合の流れを掴んで勝つために行動します。


ラストシーズンを迎えて

-白井-

このメンバーでアメフトができる最後の一年。甲子園ボウル制覇のために1日1日に拘り、選手・スタッフ一丸となって戦います。

自分の思いっきりあるプレーとアメフトを心から楽しんでいる姿に注目してください。


-長島-

ラストシーズンでは最高学年としての責任や重圧から守ったプレーをしてしまいがちですが、攻めたプレーをし続けることが勝利に近づく最も重要なことだと思うので、失敗を恐れずフレッシュな気持ちで戦い抜きます。


(画像左) 白井

(画像右) 長島



閲覧数:1,142回

最新記事

すべて表示

Comments


​各クラブ記事
アーカイブ
bottom of page