top of page
  • 執筆者の写真Football

2023年度 フットボールディレクター 山田晋三よりご挨拶

更新日:2023年5月2日


今シーズンからフットボールディレクターに就任することとなりました山田晋三です。

法政フットボールとの関係は長く、古くは甲子園ボウルの放送解説者として取材をさせていただいたことに始まり、近年は社会人チームのコーチとして親交がありました。

さて、今回就任させていただきました「フットボールディレクター」は、私自身が置かれている状況と法政フットボールが置かれている状況を鑑み、現状最も適した立場として新たに設けて頂きました。ここで求められているのは、大学アメリカンフットボールにおける本質的な目的の追求、つまり競技を通じた学生アスリートの成長であり、具体的には以下の3つです。


① グローバルスタンダード(特に米国)に照らし合わせた取り組みの実践支援

② より効果的かつ安全な技術(ファンダメンタル)の実践支援

③ 大学の先にある「遥かに長い人生・キャリア」をより充実・充足したものにするための実践支援


これらは全て「自由と進歩」という法政フットボールの理念を最大化するための必要な取り組みであり、また法政フットボールがこれまで培い、そして更なる飛躍を遂げるためのチーム方針(ORANGE2.0)でもあります。

私は、この理念と考え方を純粋に素晴らしいと感じ、チャレンジさせて頂くこととなりました。大学スポーツのモデルとなるチームの実現に貢献し、多くの方に夢と勇気を与えることができる存在を目指し続けたいと思います。

最後に、このような機会を提供くださった法政フットボール関係者の皆様に心から感謝します。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

フットボールディレクター 山田晋三






<プロフィール>

1973年栃木県生まれ。小学校時代を米国で過ごし、アメフトと出会う。1996年 関西学院大学卒。2017年 筑波大学大学院修了。国内社会人リーグを経て海外プロフットボールリーグにてプレー。引退後、指導者として国内代表チームや社会人チームを牽引する傍ら、日本協会や国際連盟にて活躍。2022年 筑波大学教員(准教授)、2023年4月 筑波大学体育スポーツ局スポーツ統括長 就任。国内大学スポーツの変革を目指す。



=競技・指導歴=

1996年 学生日本代表主将

1999年 ワールドカップ日本代表

2000年 XリーグシーズンMVP

2001年 米国プロフットボールリーグ(XFL)参戦

2002年 米国アリーナフットボール参戦

2003年 NFLヨーロッパ参戦。NFLタンパベイ・バッカニアーズに招聘されトレーニングキャンプに参加。

2004年-2006年 アリーナフットボール日本選抜チーム ヘッドコーチ

2006年 U-19 日本代表 コーチ

2007年 U-19 日本代表 ヘッドコーチ

2010年-2017年 IBM Big Blue ヘッドコーチ-

2011年 ワールドカップ日本代表 コーチ

2012年 IFAF世界選抜 コーチ

2022年 IBM Big Blue 監督 *継続中



閲覧数:2,277回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


​各クラブ記事
アーカイブ
bottom of page