• Football

2020年度 副将 阿部快斗より皆様へご挨拶

いつも法政オレンジを応援していただき、誠にありがとうございます。


今シーズンは、新型コロナウイルスの影響により、特別なシーズンとなりました。しかし、その中でも4年生としてプレーし、最後のシーズンを終えることができたことは、関係者の方々、そして応援してくださる皆様のおかげであり、感謝申し上げます。


その感謝を、目標である日本一という結果で恩返しできなかったことは、非常に悔しい気持ちではありますが、私は4年間を通して学んだことがあります。


それは、常に前を向いて行動することです。私のポジションは、RBであり、ボールを持って前に運ぶポジションです。練習やミーティングにおいて、チームメイトには、ブロックをミスしても、前を向いてプレーすることを言い続け、自分自身も意識してきました。


オフェンスにおいて、ブロックやドロップなどのミスで下を向いていると、次に来るチャンスを逃してしまうため、常に前を向いてプレーすることが大事であると伝えてきました。


それは、今シーズンにおいて、コロナウイルスの影響で活動ができなかったり、練習が制限された時も同じであり、その状況の中で出来ることを探し、考え、前を向いて行動することが大切であると感じました。


想定外のことは、フットボールにおいても、人生においても起こりうることです。その状況の中で、前を向いて何が出来るかを考え、行動することが日本一には必要だと思います。


その中で、3年生以下の後輩たちは、自分にできることを考え、行動しており、後輩たちの成長を感じることができたシーズンでもありました。

来シーズンこそ、日本一という目標を、後輩たちが達成してくれると思いますので、今後とも応援宜しくお願い致します。


4年間応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。


副将 阿部快斗


227回の閲覧
​各クラブ記事
アーカイブ