2019年度 主将 岩田和樹より皆様へご挨拶

いつも法政ORANGEを応援して頂き、誠にありがとうございます。 今年は本当に沢山の人に支えられ自分はここまでやり抜くことができました。特に幹部をはじめ同期の選手スタッフ、コーチ、さらに3年生には助けてもらいました。本当に感謝しています。 今シーズン掲げていた「社会人に勝つ」という目標を達成することはできず、関東2位という結果で終わってしまいました。しかし、一戦一戦戦っていく中で今年のテーマである「Discipline」がチームに浸透していくのを実感しました。最後のTokyo Bowlではそれを最初から最後まで体現でき、勝利に繋がったと思っています。そこに関しては嬉しく思っています。一方で、メディアで甲子園ボウルやライスボウルの話題を見るたびに、あの舞台に自分達が立っていたはずだと思うと今でも悔しさが込み上げてきます。 今後、法政のユニフォームを着てフットボールができないと思うととても寂しいです。それくらい毎日が本当に充実していました。 終わった今、学生フットボールは特別な期間だったなと感じます。なぜなら、毎年入れ替わる仲間と共に一つの目標を追い求めることが許されるのは4年間だけだからです。この学生フットボールの4年間は、文字通りかけがえのない期間でした。出来る事なら一年生に戻ってもう一度取り組みたい気持ちすらあります。それだけにチームにいる現役の人たちには毎日悔いのない取り組みをしてほしいと心から願っています。 この大学4年間法政でフットボールをできたことを誇りに思います。法政ORANGEで学んだ事を胸にこれから違うフィールドで、邁進していきます。 来年は新体制になってから4

2019年度 MKTリーダー 高橋佳佑より皆様へご挨拶

いつも法政フットボールを応援して頂きありがとうございます。 4年マーケティングリーダー高橋佳佑です。 皆さまの大きなご声援で、関東リーグ2位、東京ボウル優勝という結果を得ることができました。ありがとうございました。 しかし私たちの目標は社会人に勝つというものであり、まだまだ法政フットボールは強くなってくれると信じています。 さて話はマーケティングチームに移りますが、今年で発足して三年目という部門で試行錯誤の連続でした。動画編集、写真撮影、イベント企画運営、SNS運営など素人学生の集まりが、みんなで知恵を振り絞りながら頑張っています。春の日大戦運営、6月終わりのファンフェスタ、リーグ戦最終戦のホームカミングデー、そして皆様がご覧になってくださっているSNS等々マーケティングチームが中心となり、運営してきました。 新チーム発足時のご挨拶で、法政フットボールの試合を見たり応援することが楽しいと思ってもらえるように頑張っていきたいと言いました。 もちろん、アラバマ大、ペイトリオッツのように強さで突出することが何より応援してくださっている皆さんにとっては楽しく面白いことだと思います。 しかし強いだけではなく、SNSがかっこよかったり、グッズが沢山あったり、そういった要素が、もっとアメフトを楽しんでいただける材料になると思います。 私は三年生まで選手をしていたのですが、今でもアメフトをしたくなるくらいアメフトが法政フットボールが大好きです。 法政フットボールがSNSも、強さも突出したチームになり、単に学生部活の枠を超えたチームになると信じています。 毎年のことですが、日本一という目標に向か

2019年度 チーフSA 齋藤香奈より皆様へご挨拶

いつも法政フットボールを応援して頂きありがとうございます。 4年チーフSA齋藤香奈です。 SAとして4年間活動してきて、大変なことも多くありましたが勝負するからには勝ちたい、そう思って戦っていました。しかし、社会人どころか早稲田に勝つことも出来ずに終わってしまい、とても悔しいです。私は、入部当初から日本一になることが目標で常に追い求めてきました。この1年で特に感じたのはなぜ日本一になりたいのか。初めは、ただ兄に勝ちたいというその一心でした。しかし、いろんな人と話したり、経験していく中で変わっていきました。勝つことで、勇気や希望を与えることができ、また感謝も伝えられるということを学びました。 また、私は高校までバレーボールをやっていて自分が出て活躍することでチームは勝つことができる。だから、努力するという考え方でした。しかし、支える側の立場になった今誰かのために行動することは自分に甘えることなく努力できることを学びました。 この4年間日本一を目指し続けることで人間としてもたくさん成長することができました。法政フットボールに入って心からよかった、そう思っています。でも、日本一になったらもっともっと最高だったのではないかとも思います。シーズンが深まるにつれ、チーム全体が日本一に向かって一つになっていく瞬間は何にも変えられない最高なものでした。最高の宝物ができました。今までお世話になったコーチ、先輩、同期、後輩に感謝したいです。 最後に、今まで支えてくれた家族にアメフトを大好きになるきっかけをくれた兄、兄の仲間の皆さんに感謝します。本当にありがとうございます。 齋藤香奈

2019年度 チーフAT 鎰谷佳恵 より皆様へご挨拶

いつも法政フットボールを応援して頂き、ありがとうございます。 4年トレーナー鎰谷佳恵です。 応援して頂いてる皆様に結果で恩返しできなかったことが大変悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 今シーズンを通して、私は組織をまとめる難しさ、チーム全員が同じ方向を向くことの難しさを実感しました。そして、4年として、TRとして、チームにどのように貢献できるのかを考え、実行する重要性を学びました。目標としていた結果は出ず、まだまだ出来たことはあるなと後悔の気持ちもありますが、「discipline 」というテーマで1年間やってきて、チームに変化を感じたのは事実です。新チームには、これを最低ラインとし、さらに成長してくれることを期待します。 このチームは日本一にならなければならないチームです。そして、後輩たちにはそれができると思っています。 今後とも法政フットボールを宜しくお願い致します。 鎰谷佳恵

2019年度 副将 山岸達矢より皆様へご挨拶

いつも法政フットボールを応援していただきありがとうございます。 今年度副将を務めさせていただきました、3年DL山岸達矢です。 沢山の応援を頂いたにも関わらず、「社会人に勝って日本一」という目標を達成出来ずにシーズンを終えてしまい不甲斐ない気持ちでいっぱいです。しかし、その目標を達成するために必要なものが何かを気づけたシーズンでもありました。特に早稲田戦前の2週間はチーム全員のベクトルが勝利へと向かい、勝つためには自分が何をしなければならないかを1人1人が考え、質の高い練習を出来ていたと思います。 来シーズン、どのようにすればその質の高い練習を当たり前に出来るのかを考え、行動していきます。また、多くの先輩方が残してくださった文化を受け継ぎ、そして「自由と進歩のフットボール」という理念の元、主体性を持ち、勝つために必要な文化を新チームでも生み出していきます。 来年は必ず目標を達成し、シーズンを終えたいと思います。 今後とも応援よろしくお願いします。 副将 山岸達矢

2019年度 副将 島田実紀より皆様へご挨拶

法政オレンジを応援してくださる全ての方々、2019年も法政オレンジを応援していただき本当にありがとうございました。 今シーズン副将をさせていただいたOL56番の島田実紀です。 「お前は副将だったのか?」と思う方もいると思います。それもそのはずです。 僕が副将を務めていたことは発表されていませんし、試合のセレモニーにも出ていませんでした。そもそも、僕が副将になったのは2ヶ月前のことです。 チームをより良い方向に引っ張っていくため、小澤と共に副将をやることを決意しました。 シーズンを終えて、今年の結果は関東2位。社会人に勝つという目標の通過点にすら届きませんでした。初めから副将を務めていれば・・、もっと周りを巻き込めれば・・、もっと声を上げれば・・、思い返してみると後悔することもたくさんあります。 しかし、このチームにいたからこそ、自分に足りないものは何か、自分がすべきことは何かを常に考え続け、最後までやり抜く強い意志を学び、「チームのために動く」ということを深く考えるようになりました。 僕たち4年生は主力メンバーが数人しかいません。そんな中で、関東2位になることができたのは頼りになる後輩達がいたからです。来年は後輩達がもっと力をつけ、強いチームになることは目に見えています。そして、皆様を甲子園、東京ドームに連れて行ってくれると僕は信じています。 最後に、繰り返しになりますが法政オレンジを応援してくださる全ての方々、最後まで応援してくださり本当にありがとうございました。 これからも法政オレンジをよろしくお願いします。 副将 島田実紀

2019年度 副将 小澤優太より皆様へご挨拶

法政フットボールを応援して下っている全ての方々へ 今シーズン、社会人に勝つという目標は達成できずに終わってしまいました。非常に不甲斐なく皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。この感情は、日々皆様からの応援がすごく力になっているからこそのものだと感じます。1年間ありがとうございました。 私たちはフットボールをはじめとして沢山のことに全力を注いでおります。一見関係のないように見える部分までです。SNSや物販が良い例ですがおそらくどのチームよりも力を入れていると思います。もちろん全て日本一になるためです。高校生フットボーラー達が法政っていいなと思ってくれたり、フットボールを見たことのない方々がこのチームかっこいいなと応援に来てくれたり、プラスなことばかりです。 当然のことながら選手は日々の練習を全力で取り組んでおります。今後法政フットボールはもっと強く、もっとかっこよくなっていきます。学生フットボールの枠から飛び出し、日本のスポーツ界から突出したチームへとなっていきます。これらの取り組みは短期的な結果としては現れにくいとは思いますが、毎シーズン全力を尽くし日本一を目指しております。 後輩達の応援、サポートを今後共よろしくお願い致します。 副将 小澤優太

2019年度 副将 鈴木悠理より皆様へご挨拶

TR副将鈴木です。 今年度は関東2位という結果で終わりましたが、応援していただいた全ての方々にお力をもらい、チーム一同シーズンを闘い抜くことができました。 皆様に感謝申し上げます。 今シーズン、目標は今までと変わらず「社会人を倒す」。そしてチームテーマを「discipline」と定め、常に自分達を律して、鍛錬を積むことを考えて活動してきました。 「社会人を倒す」という目標は学生にとってはイメージしにくいものかもしれません。結果として、今年も本当にチーム全員がその目標に向かって行動できてたかといえば、まだまだ足りなかったのだと思います。 しかし私は、その目標に対してチーム全員が「いける、やってやろう」という感覚に本気でなれば、「社会人を倒す」ことは法政フットボールには可能であると思います。 そしてその感覚を得るには、取り組み自体を変えるのではなく、1人1人がもっとフットボールに執着し、こだわり、そして何より努力を積むことが必要だと思います。 年々、法政フットボールの選手たちの勝ちへの意欲、飢えは確実に高まってきています。そして私たちは幸運なことに環境にも恵まれています。 後輩たちは結果を出すために、覚悟を決めて「自由と進歩のフットボール」の理念のもと、チームを成長させていってくれるはずです。 今シーズンの甲子園ボウル、そしてライスボウルの出場は叶いませんでしたが、その夢は後輩たちが必ず果たしてくれます。 私たちが築いたチームカルチャーや、取り組んできたことが間違っていなかったんだということを彼らが結果で証明してくれる日を、羨ましくも非常に楽しみにしています。 これからも法政フット

【 試合結果 】明治大学戦

先日行われた、関東大学ジュニア選手権・専修大学戦の試合の結果を報告いたします。 〈 秋季オープン戦 〉 対戦相手:明治大学 対戦日時:12月14日(土)14:00 KickOff 試合会場:明治大学八幡山グラウンド(無料試合) 〈 試合レポート 〉 《 試合メンバー 》 1.石母田 2.森口 3.河村 4.緒方 ⑤.井上 6.佐々木 7.徐 8.佐藤(達) 9.中澤 10.橋本(貴) 11.南部 12.坂口 13.梶木 14.福部 15.坂田 R.赤坂 R.佐藤(大) R.吉永(昂) R.坂本 R.石原 R.橋本(陸) R.安達 R.滝沢 R.青柳 R.山田 R.疋田 R.石川 R.守安 R.白井 R.小高 R.粟飯原 《 得点経過 》 〈 前半2分 〉法政 0ー7 明治 法政陣10m付近での法政ラインアウトから、ターンオーバーし、パスをつなぎゲインしてトライ。ゴール成功。 〈 前半6分 〉法政 0ー12 明治 法政キックオフから、パスをつなぎ連続攻撃をしてトライ。ゴール失敗。 〈 前半14分 〉法政 0ー19 明治 明治陣10m付近での明治スクラムから、パスをつなぎ連続攻撃をしてトライ。ゴール成功。 〈 前半18分 〉法政 0ー24 明治 ハーフライン付近での明治スクラムから、パスをつなぎゲインしてトライ。ゴール失敗。 〈 前半20分 〉法政 0ー31 明治 法政キックオフから、パスをつなぎゲインしてトライ。ゴール成功。 〈 前半22分 〉法政 0ー36 明治 法政キックオフから、パスをつなぎゲインしてトライ。ゴール失敗。 [ 前半24分 選手入替 ] 8.佐藤(達) → 吉

2019年度 副将 勝田駿より皆様へご挨拶

いつも法政フットボールを応援していただきありがとうございます。皆様の応援のおかげでリーグ戦2位、東京ボウル優勝という成績を修めることができました。 私たちは日本一を目指しているにも関わらずこの結果に終わってしまいました。何かが足りなかったから負けてしまったのだと思います。ただやってきたこと全てが間違っていたとは思いません。失敗を恐れず挑戦することで見えてくるものがあります。成功はもちろん失敗しても何が悪かったのか考えることで、様々なことをこの1年間で学びました。この経験は法政フットボールを今まで作り上げてくれた先輩方や応援してくださった方々がいたから得られたものであり、とても感謝しています。 今年度“discipline"とテーマを掲げ規律はチームに必要不可欠だと感じました。たった1人でも違う方向を向いていてはチームはまとまりません。そんな中最後まで戦い抜くことで、東京ボウルを勝って終われたことはテーマを体現できとても誇りに思います。 法政フットボールは終わりではありません。今年試合に出場している後輩たちも多く、来年は今年以上に活躍してくれると思います。これからも法政フットボールの応援よろしくお願いします。 副将 勝田駿

2019年度 副将 栗田壮一郎より皆様へご挨拶

今年一年、法政フットボールを応援していただきありがとうございました。副将OL栗田です。 今年のシーズンは関東2位に終わり、甲子園出場、また目標としていた社会人を倒すということは叶わなくなりました。 自分自身組織を作ることや、リーダーとしてチームを牽引していくことの難しさなど、無力さを毎日感じていました。しかし、三年生以下や同期に支えられ、最終的にはトウキョーボウルに出場し、優勝する事ができたのは、大きな収穫だと思います。 このシーズンを通して「目標」に対してどう行動するかが大事だと痛感しました。チーム全員が社会人を倒すために本当にやりきれていたか、日々の練習に疑問を感じれていたか、そしてそれを解決するために変化、行動を最初から起こせていれば、もしかしたら結果は変わっていたかも知れません。他の四年や自分自身にそれができていたかと言われれば自信を持って言い切れない部分があります。 目標にチーム全員のベクトルが向いたとき、練習の雰囲気や質は格段に上がり、勝てる練習ができるということを、早稲田戦前の二週間で下級生は気付けたと思います。 残酷な事ですが、現役選手ではなかなか気付けない事で、終わってみて初めていろいろな後悔が出てきます。多くの先輩方も同じような思いや、後悔をしています。しかし、今年は下級生が実感できる形で良いものを残せたと思います。 今年のテーマである「DISCIPLINE」はチームの幹となるテーマです。今年で終わらせる事なく継続し、来年も来年以降も必ず勝ち続けられる最高のチームにして欲しいと思います。 今年一年大きなご声援をありがとうございました。来年以降も法政オレンジの

【 試合情報 】明治大学戦

明後日、12月14日(土)は 秋季オープン戦・明治大学戦 が行われます。 大会詳細および出場選手は以下の通りです。 〈 秋季オープン戦 〉 対戦相手:明治大学 対戦日時:12月14日(土) 14:00KickOff 試合会場:明治大学八幡山グラウンド(無料試合) 〈 メンバー表 〉 今試合も選手への熱い声援をよろしくお願いいたします!

東西大学対抗戦試合結果

2019年度東西大学対抗戦(東京ボウル)神戸大学戦は、33対20で勝利いたしました。 この試合のMVPには4年QB#12勝本将馬選手が選ばれました。 1年間沢山のご声援ありがとうございました。 来シーズンも応援よろしくお願いいたします。

立教大学戦試合詳細

1.     試合概要 試合名称:関東学生アメリカンフットボールTOP8リーグ戦・第7節 対戦相手:立教大学RUSHERS(以下、立大と記載) 対戦日時:2019年11月24日(日)13時45分キックオフ 試合場所:横浜スタジアム 2.     スコア 3.     試合経過 1Q リーグ戦第7節は東西大学対抗戦Tokyo Bowlへの出場をかけた大事な一戦。また、この試合は法政のホームカミングデー、オレンジのものを身に着けてスタンドから応援して下さる多くの方々のためにも法政フットボールの「プライド」をかけて負けられない試合となるこの一戦は前日まで降り続いた雨も上がった横浜スタジアムで行われた。 立大のキックオフで試合開始。法大オフェンス最初のシリーズはQB#4平井からWR#7糸川への15ydsパス成功などでファーストダウンを更新。続けてRB#29阿部の30ydsランで一気にゴール前まで攻め込むと最後はQB#4平井からWR#11小山へのTDパスが成功しタッチダウン。K#20高橋のPATも成功し法大が先制点を上げる。(法大7―0立大) K#5本山のキックオフにて試合再開。先制点を上げたオフェンスに呼応するようにディフェンス陣もDL#42小山内が2ydsロスタックル、LB#24小澤がQBサックと立て続けに好プレーを連発し、ベンチ、スタンドも一体となった盛り上がりをみせる。立大オフェンスのファーストシリーズをパントに追い込み攻守交代。直後の法政オフェンス、QB#4平井からWR#81神への36ydsパスが成功するとRB#29阿部、QB#12勝本のランで再びレッドゾーンまでボールを運ぶと

【 試合結果 】流通経済大学戦

先日行われた、関東大学リーグ戦・流通経済大学戦の試合結果を報告いたします。 〈 関東大学リーグ戦 〉 対戦相手:流通経済大学 対戦日時:11月30日(土)14:00 KickOff 試合会場:熊谷ラグビー場(有料試合) 〈 試合レポート 〉 《 試合メンバー 》 1.宮川 2.濱野 3.菊田 4.兼森 5.ウォーカー 6.吉永(純) 7.大澤 8.山下(太) 9.中村10.伊藤11.高橋(達) 12.舘内 13.ジョーンズ 14.斉藤 ⑮.井上(拓) 16.森口 17.石母田 18.河村 19.橋本 20.吉永(昂) 21.中澤 22.坂口 23.坂田 《 得点経過 》 〈 前半3分 〉法政 0ー5 流通経済 流通経済キックオフから、パスをつなぎトライ。ゴール失敗。 〈 前半7分 〉法政 5ー5 流通経済 流通経済陣22m付近での法政ラインアウトモールから、前進しパスをつなぎ、WTB 斉藤トライ。ゴール失敗。 〈 前半18分 〉法政 8ー5 流通経済 SO 伊藤 ペナルティゴール成功。 〈 前半25分 〉法政 8ー12 流通経済 法政陣10m付近での流通経済スクラムから、パスをつなぎゲインしてトライ。ゴール成功。 〈 前半27分 〉法政 8ー19 流通経済 法政キックオフから、パスをつなぎ、ゲインしてトライ。ゴール成功。 [ 前半29分 選手入替 ] 1.宮川 → 17.石母田 [ 前半34分 選手交代 ] 6.吉永(純) → 20.吉永(昂) 〈 前半37分 〉法政 8ー24 流通経済 法政陣22m付近での法政キックから、カウンターによってトライ。ゴール失敗。 〈 前半40分